スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

[紹介]個人的なミスチルまとめ

2011⁄01⁄22(土) 00:03
ミスチルのアルバムの大部分を聴いたから、各アルバム曲で好きな曲を書いてみる。

深海→深海
DISCOVERY→終わりなき旅
BOLERO→everybody goes 秩序のない現代にドロップキック
Q→友とコーヒーと嘘と胃袋
IT'S a wonderful→youthful days
シフクノオト→PADDLE
I LOVE U→worlds end
HOME→箒星
スーパーマーケット→エソラ
SENSE→擬態

どちらかといえば疾走感のある曲がすきだな。
一番好きなアルバムはやっぱり深海かな。鬱要素が半端じゃなくて好きだ。暗い気分には暗い曲が実は意外と効果があるんだな。
スポンサーサイト

TOP

[紹介]謎解きはディナーのあとで

2010⁄12⁄20(月) 22:55
謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る


http://www.shogakukan.co.jp/pr/nazotoki/
↑特設サイト


東川篤哉がここにきて注目されるとは思わなかったな。中学のときにこの作者見つけてずっと気に入ったから、世間に知ってもらえるのはやっぱりうれしいな。

今回は6話に分けられたショートミステリー。話の流れとしては、令嬢刑事が事件を解こうとするもいつも詰まってしまう、そこで執事に事件のあらましを話すと、サラッとその執事が真相を解明しちゃうというもの。

とにかく登場人物が個性豊か。ドタバタすぎて、ミステリーにある手堅い感じはほとんどない。
ただ「大どんでん返し」と言えるほどの驚きはあんまり少なかったかなぁ。
でも気軽に読めるミステリーだから、ミステリー初心者にはかなりオススメしたい

TOP

[紹介]SENSE

2010⁄12⁄08(水) 00:25
SENSESENSE
(2010/12/01)
Mr.Children

商品詳細を見る


ついに発売したミスチルの最新アルバム。前作スーパーマーケットファンタジーではたくさんのタイアップ曲を収録していたけど、今作ももちろんタイアップ曲はあるものの、シングルで出した曲が一つもないという、前回とは全く違う展開を向けた今作。そのためどれも新鮮な気持ちで聴ける。

今回の収録曲で一番好きなのは「擬態」だな。アルバムでも重要な位置の曲だと思う。
「富を得たものはそうでないものより満たされてるって思ってるの!?」
「障害を持つものはそうでないものより不自由だって誰が決めんの!?」
幸せだとか不幸だとかは他人が決めるものじゃなくて、本人にしかわからないもの。気持ちというのは本当に複雑だ。

今回のアルバムも良かったけど、やっぱりコバタケのキーボードは今のミスチルには不要だと思う。これのせいでどれの曲も同じように聴こえて、マンネリ気味になってる。どうなる10年代。

TOP

[紹介]How are you?

2010⁄12⁄05(日) 18:41
http://www.youtube.com/watch?v=LgSVZ0e4ZZg

POLYSICSがスリーピースになって、初めて発表した曲。
流行りの3Dを上手く取り入れたPVが結構面白い。見てたらかなり気持ち悪くなるけど。
結構早口だから歌詞がうまく聴きとれないけど、中身のない映画批判なのか。
ヤノの髪型がw

カヨがいなくなったポリだけど、まだまだ相変わらず独自の路線でいってるよなぁ。

TOP

[紹介]とげまる

2010⁄11⁄27(土) 01:50
とげまるとげまる
(2010/10/27)
スピッツ

商品詳細を見る


やっぱりスピッツいいな。俺の親が好きなくらいだから、ここまで幅広い層に好かれてるバンドってスピッツだけだと思う。


発売から一カ月たったけど、今回のアルバムもかなりの傑作。
このタイトルは、ロックな部分を「とげ」、ポップな部分を「まる」という意味にしているなかな。なんとなく生き物っぽい感じで、音的にも面白い。
歌詞カードはどことなくピクニックを思わせる写真がたくさん。この女性はどこに向かってるんだろう。もしかしたらジャケットにあるろうそくがたくさんある丘なのかな。そしてそこでなにを眺めているんだろう。こんな想像ができるから、歌詞カードを眺めるのは楽しい。

好きな歌詞の一部をピックアップ。


懲りずに憧れ 練り上げた嘘が いつかは形を持つと信じている
ビギナー
自分の努力を信じろ。これはビギナーにとってはかなり勇気を与えてくれるメッセージだよなぁ。

今すぐ抜け出して 君と笑いたい まだ跳べるかな

シロクマ
社会人になった後、忙しさで憂鬱なときに聴いたら、もっと心に響きそうだなぁ。

これ以上は歌詞にできない

恋する凡人
歌詞の最後のフレーズだけど、よくみると文字が薄れている。かなり若さあふれる曲だ。

「愛してる」それだけじゃ 足りないけど 言わなくちゃ

つぐみ
「愛してる」といえば、あのスピッツの代表曲のサビにも使われているよな。この言葉の不思議な力や奥深さは、誰もが追求するはず。

斜めった芝生を転がっていくのだ 止めたくない今の速度 ごめんなさい

君は太陽
自分の気持ちを身に任せるのが苦手な自分にはかなり響くメッセージ。「ごめんなさい」と、どこか遠慮している姿勢が可愛らしい。歌詞全体がとこか少年らしいところがいい。
特別な存在の人のことを「太陽」と比喩するのは、至高だなって思う。
この曲では、方向を示す役割、花を咲かす役割として表現しているけど、もっともっとこれ以上にたくさんの表現方法はありそう。これこそ「これ以上は歌詞にできない」ってことかな。それくらい太陽は偉大だということを気づかされた。



ここ最近はこのアルバムを車で聴いている。今度ライブがあったらいってみたいな。とれるか怪しいけど。

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。